8月
2017

ダイヤ選びで重視するのはどれ?

ダイヤを買う時に、やはり良いものを選びたいものです。

見た目がきれいだから何でも良いやという人もいれば、いや、4Cにこだわって選びたいという人もいます。

選び方は好みで良いので自由なのですが、あえて重視するとすれば何を重視すれば良いのかをご紹介します。

◆気になる記事…http://www.sankei.com/world/news/170524/wor1705240037-n1.html

《ダイヤを賢く選ぶなら》

予算内で良いダイヤを選ぶなら、重視するのはカラット(重さ)(大きさ)とカット(輝き)になるでしょう。

ダイヤの輝きが第一だというのであれば、カットを重視してみましょう。

石が小さいものでも、カットが良いものだと輝きがかなり違います。

カットさえ良ければ、少々クラリティやカラーのランクが下のものでもあまり気にならないものです。

《傷や内包物は輝きに影響するのでは?》

ダイヤに傷があったり内包物があると輝きに影響するものですが、肉眼で傷や内包物が見えたことありますか?あまりありませんよね。

大きな宝石店で販売されているダイヤなら、明らかに肉眼で見てわかるような傷や内包物があるものはほぼありません。

鑑定書で比べて、ランクが下であっても輝きが気に入ったのであればそちらを選ぶと良いでしょう。

《鑑定書は参考に》

鑑定書の評価が良いものが間違いない!と思うものですが、実物を目で見て自分が気に入った方のダイヤを選ぶのが一番良いものです。

鑑定書の評価はあくまで参考にし、自分の目で見てこれが良いと思ったものを選んだ方が後悔しません。

4Cはあくまで基準なのです。